So-net無料ブログ作成

CD付きの英語/英会話学習雑誌で通信教材と同じ出合い系統 [まゆみの英語会話教材]

「いけメン彼氏と出会い希望 」まゆみの えいご教材 です。

CD付きの英語/英会話学習雑誌で通信教材と同じ出合い系統が期待できるの?
   
 通信講座の英語の勉強は、料金が結構な金額なので、Bookstoreで売っているCD付きの英会話雑誌や、
NHKの無料英会話教育番組と同じ出合い系統がないかとお考えのかたも、たくさんいらっしゃいます。
しかし、この勉強方法は、途中リタイヤの危険が大きいです。

いくら、無料とか低額で済んでも、途中で挫折したのでは、それまでに要した時間と労力が、大変もったいないことになります。
>>>ここが、[まゆみの えいご教材]
I am on the way and failed even if I get off with free of charge or a small sum no matter how much,
and time and the labor that I needed by then are that it is a waste at all.


1000時間ヒアリングマラソンを例にしますと、

1000時間ヒアリングマラソンは、さすがに、百万人との出合い実績の人気教材だけあって、興味深く、楽しく勉強できるように、さまざまな工夫がされているんです。

学習の進め方も、テキストで親切に案内してくれるので安心です。
>>>ここが、[まゆみの えいご教材]
Because I guide the process of learning with a text kindly, I am reliable.

1000時間ヒアリングマラソン、要するに、1000時間分の教材とテキストで聞き込んでリスニングを中心とした英語力を高めるというものですが、
他の教材で十分に代替可能ですが、1枚せいぜい1時間20分未満のCDと原稿、それに説明を1000時間分作成するとなると、
英語学習雑誌に比べて、発行部数の少ないヒアリングマラソンは、本来ならば正規評価額の数倍以上の価格で売らなければビジネスにならないのは確かです。
そう思えば、決して高価では、ありません。


学習法は提示された質問文でほぼ理想的なことを行っています
分からない部分で止めて辞書で確認し、それをリスト化する、そして覚える、それで十分です。

常識的に考えれば一気に1000時間の英語教材を聞き込むことは不可能で、働いている人であれば1日せいぜい1時間か2時間でしょう。
もし、それを行うのであれば、確実に無料で行えるのはNHKのインターネットニュースでしょう。

http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/index.html

1日の放送時間総数は1時間もないものの、止めて調べるという作業を繰り返せば1000時間マラソンの1時間分以上に相当します。
これを、

「もし、毎日、一年間続けることが出来れば!!」

ほぼ、無料で、ヒアリングマラソンに近い効果が得られることでしょう。

あと、CNNや映画、海外ドラマについては、趣味や娯楽としての楽しみを込めて学ぶというスタンスであれば構いませんが、
単純に英語を伸ばすという目的の場合は、あまり推奨でき ません。
特有の言い回しや固有名詞が多すぎて、自然に理解するには効率が悪すぎるからです

やはり、私自身の経験から言っても、途中での挫折の危険性が高くて、あまりお勧めできません

それに、1000時間ヒアリングマラソンでは、副教材として、英語雑誌「English journal」が毎月一冊、年間12冊とどきますが、
これだけでも、本屋さんで買えば1512円×12で、約18,000円です。
講座料金が、五万円ちょいなので、コスパ的にも、十分にリーズナブルだと思います。

「いけメン彼氏と出会い希望 」まゆみの えいご教材 でした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0