So-net無料ブログ作成
-| 2011年09月 |2011年10月 ブログトップ

なぜ恋愛すると、綺麗になるのか [まゆみの英語会話教材]

「恋愛すると、綺麗になれますか?」を、アカデミックに考えてみましょう!

さて、恋は乙女を綺麗で輝く女性にします。
人を好きになることで女性ホルモンが分泌され、ドキドキすることによって交感神経が刺激され、体全体の代謝機能が高まっている状態になります。
片思いでも両思いでも、肌が綺麗になったり身体的な変化がおき、次に、交感神経が高まり、目に輝きが現れます。
恋愛すると、あなたの魅力が高まるということは、体のメカニズムが証明しています。
好きな人ができると、振る舞いを美しくしようと心がけたり、おしゃれに気を遣ったり、目標を持って生活するようになるものです。

ここからは恋愛のメカニズムを探りましょう。
人が誰かを好きになるとき、PEA「フェニール・エチル・アミン」という好感ホルモンが脳内に分泌されます。
PEAは、恋するときに出ることで「恋愛ホルモン」と呼ばれています。
恋愛中の女性の脳内には、肌を美しくする「エストロゲン」や、快感を誘い意欲を発揮させる「ドーパミン」なども分泌され、、これらのホルモンの微妙なバランスが、外からも内からも恋する女性を綺麗にするのです。

続きを読む


恋愛体質と依存症とは [まゆみの英語会話教材]

恋愛体質とは常に恋愛・出会いを求めている人で、現在恋人が居ても更に好みの人・今より良い人などを探している人。
男女関係なく特に運命、特別、劇的という言葉やニュアンスを好む傾向があります。そして相手に幻滅するのも早いです。
簡単に言うと惚れっぽく自分に都合良く考える脳の状態、でしょうか。
相手の親切などを全て「自分はこの人に(異性として)好意を持たれている?」と取り違えることが多いので、重度の人はちょっとのやり取りで好きになってしまったり、好かれていると錯覚します。
その為すぐ心(恋愛対象)が移り、なまじ行動力があると短期間で告白やプロポーズをすることもあり、結果、当然失敗や長続きせず別れることが多いです(もちろん例外はあります・・・それこそ運命やも)。
恋愛依存症との違いは「現在、恋人・伴侶が居ることで満足するか否か」
もちろん、不仲の状態に陥った時は第三者がよく見えたり心が移ることはいくらでもあり得ますが、恋愛体質は劇的なものへの憧れが強いので「シンデレラシンドローム」などを含む傾向が見られます。
※シンデレラシンドローム=いつか私にも王子様(またはお姫様)が・・・!という夢。中年以降になっても少女的発想を持ち続ける(信じ続ける)独身者に多く、中には結婚しても配偶者ともかく王子様/お姫様を待ってる人もいます。
よって”恋人が居ることで心が安定する”=恋愛依存症とは厳密には違い、恋人が居ても居なくても"常に恋を探している"=錯覚が大部分を占める脳の状態。また色んな異性を"味見"してみたいという性質(特に男性に多い)。
ただし恋愛依存症の方が精神状態が不安定ですので、実は恋愛体質の方がまだ改善(回復)の見込みがあります。
幼少、親に愛されている"実感"が乏しかった人は成長しても不安傾向を持ちますから、恋愛依存症の比率が高く、より重度の人は依存性人格障害の分類に入ります。
恋愛体質のひとが、相手の親切を恋愛に変換して考えている時点で心の成長が未発達とも言えます。
親切=モラル・道徳心から来るもの、礼儀など色々あり得ますので・・・
ちなみに恋愛体質は一時的なことが多いので心配は要らないようです。

恋愛の上手と下手の分かれ目 [まゆみの英語会話教材]

”恋愛上手”とか”恋愛下手”とかいう言葉を耳にしますが、具体的にどういう人が上手で、どういう人が下手、になるので
しょうか??

本気になり過ぎず、自分の本性を巧みに隠し、相手の心を誘導し、緊張感を楽しんだり、深入りする前に引き際を弁えたり。
巧みな駆け引きと話術により、自分の手持ちのスタイルと相手の思惑を闘わせ、見栄とプライドを勝ち取る恋愛ゲームならば、
上手・器用、下手・不器用ということになります。

自分を不器用だとか下手だとか言う人に限って、それを案外自己正当化の言い訳にしています。
まるで器用な人間は皆小手先だけで、気持ちに重みがないかのように。
不器用で無口で表現ベタの方が、ドッシリとした温かみと芯の強い純粋さを持っているのだと誇らしげに言いたげなように。

でも、恋愛は元々上手下手を問うものじゃなく、器用不器用を評価するものでもないが、理由にする前に、突き動かされるほどの恋愛ならば熱意や誠意は伝わるはずです。
下手・不器用を理由に丁寧なプロセスを省いたり、怠ったりして上手くいくはずなどない。
結局その自分の言葉や態度が自分達の関係に跳ね返ってくるだけだから、気持ちをきちんと表現しないと。

それとは別に、恋をすると誰でも自分と相手のことで精一杯で、相手のことが好きであればあるほど、コントロールが利かなくなってしまったりします。
でも、恋って相手に自分を合わせるだけのものではないでしょう。
嫌われたくないばっかりに、相手の顔色を見たり、ご機嫌を取ったり。
恋愛って犠牲だと勘違いしてない?
「無理ができる」それが恋愛のバロメーターだとも思ってない?
無理しても愛せるから・・・究極な愛だ!なんて一人で自分の恋愛にヒタヒタ~っと浸ってませんか?





続きを読む



-|2011年09月 |2011年10月 ブログトップ